ほくろ悩みは治療で解決!美容外科で除去する方法が有効

自信をつけるきっかけに

看護師

綺麗な顔に生まれ変わる

炭酸レーザーやメスで簡単に取り除くことができるほくろ、いまでは気軽に受けられるプチ整形として年齢を問わず人気を集めています。注意点としては、手軽に受けられる整形とはいえ、費用はおよそ1万円〜3万円ほどとやや高めと言えるでしょう。ちなみに、皮膚科では保険が適応されることもありますが、美容整形であれば仕上がりや美肌効果を期待できるケアなども一緒に受けられることがあります。費用や時間、自分の希望する仕上がりなどを考えた上で、どこで治療を受けるのが一番良いかを判断しましょう。次に、こうした治療を受けた後は皮膚が非常に敏感になっていますし、メスなどを使った場合は皮膚に大きな負担がかかった状態になっています。仕上がりを綺麗にするためにも、施術を受けた箇所には強い負担をかけないようにし、医師の指示を守った上で適切なケアをしましょう。施術を受けた場所を下にして寝たり、指で引っかいたりしないのはもちろんですが、パッチやテープなどを張って日光に当てないようにします。日光に当ててしまうと傷跡が残ってしまったり、ほくろが再発してしまう恐れもありますから、できるだけ注意をしましょう。いくつか注意しなければいけないこともありますが、それほど難しくありませんし、逆にいえばこれだけでほくろがなくなるともいえます。自分では取り除いたり隠したりすることができないからこそ、美容整形で跡形も無くスッキリ取り去ってしまうのは非常に良い方法です。まずはカウンセリングから、という気持ちで美容整形外科の扉をノックしてみるのも良いといえるでしょう。意外にも手軽に処置できるほくろ治療ですが、施術にはいくつかの種類があります。最もスタンダードなのはメスを使う方法で、皮膚から切り取って切除するのですが、短時間で施術が終わるものばかりです。メスを使うといっても日帰りで施術が完了するものが大半を占めるので、時間的に余裕がない人でも安心して受けられるでしょう。一方で現在ではレーザーを使ったホクロ治療も人気があります。大きなものや根が深いほくろの場合、完全に取り去るためにはメスを使う必要がありますが、小さなものならレーザーで除去することも可能です。レーザーの場合傷跡がより小さいですから、ベンチタイムも少ないため皮膚への負担も少なくなります。周囲にほくろを取ったと知られたくない、というような場合にはレーザーを使った施術のほうが良いでしょう。実際のホクロ治療の流れですが、クリニックを訪れて診察を受け、場合によっては当日に切除へと移行します。手術方法や手術する箇所にもよりますが、当日はそのまま帰宅して、経過観察のために数回通院するというのが一般的な流れです。万が一取りきれておらず再発した場合には、再度手術が必要になりますが、基本的には無料で再手術が受けられるでしょう。とはいえクリニックによってこうした細かな決まりや料金設定が異なるため、できれば不安点は事前に明らかにしておくことをオススメします。肌にぽつんとのこるホクロはついつい気になって触ってしまったり、人目が気になるからとついメイクを厚塗りにしたりしてしまうこともあるでしょう。しかし取り除いてしまえばこうした悩みは不要です、美容整形で自分のコンプレックスを断ち切ってみてはいかがでしょうか。

Copyright© 2018 ほくろ悩みは治療で解決!美容外科で除去する方法が有効 All Rights Reserved.